NEWS RELEASE

ノルウェーONNA Greens AS社の工場拡張に伴い
植物工場向け栽培装置の第2弾契約を締結

2022年9月
MIRAI株式会社

2022年6月末、MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 以下「MIRAI」)は、北欧ノルウェーのONNA Greens AS(本社:OSLO 以下「ONNA」)と既に稼働中の工場とは別に第2期拡張工事分としての完全閉鎖型人工光型植物工場の栽培設備に関する「装置売買契約」を締結いたしました。

≪契約先となる運営会社:ONNA Greens AS≫

Website:https://www.weareonna.no/

生産拠点:ノルウェーオスロ市近郊エリア

生産規模:

第1期 リーフ系レタス換算 1日あたり560kg生産可能
2022年3月出荷開始、現在稼働率80%以上

第2期 リーフ系レタス換算 1日あたり700kg、ハーブ類 約50kg
2023年春出荷開始予定 *契約金額:非公表
栽培品目:ベビーリーフ類、ヘッドレタス類、ハーブ類、ケール、他

ノルウェーで販売している商品例

<MIRAI役割>
1. 【販売】 工場全体設計補助、栽培設備の販売
2. 【支援】 立上げ期における工場運営/生産計画/トラブルシューティングの補助
毎週定例でWEB会議実施、現地の諸問題を早期解決する支援を2年程実施中
3. 【DX】 リモートモニタリングシステムによる栽培技術/環境制御/予知保全の支援
温湿度ほか各種センサー値の管理、機器の設定外運転のアラート管理など
4. 【Lab機能】 両社の新品種試験栽培による収量、品質、商品化プロセス情報共有
栽培段階からパッケージ含む商品化、および流通までのプロセス情報の共有化
5. 【機器開発】 各種省力機器の開発協力
日本および海外の業者との連携を深めて生産効率化を図っています

2020年12月第1期契約を締結して以降、これまでの取組みや収穫した野菜の品質、販売先が拡大している現状を持って信頼いただき、今回のリピート契約に至りました。

≪今後の展開≫
海外においては、各国、地域において主要となる植物工場野菜の生産拠点をつくり、その対象エリアにおける「地産地消」「安定供給」拠点づくりを目指します。主体者としては現地の事業者を軸にMIRAIは販売、支援を軸に進めてまいります。

 

< 会 社 概 要 >

MIRAI株式会社

代表取締役会長:椎名 吉夫

代表取締役社長:野澤 永光

創業:2004年9月

設立:2015年11月

資本金:75,500,000円

 

 

住所:千葉県柏市青田新田飛地221-1

電話:04-7192-6655

<本リリースに関する問い合わせ先>

MIRAI株式会社

営業部 または 管理部

mail:mirai@miraigroup.jp

 

<採用に関する問い合わせ先>

採用:https://miraigroup.jp/recruit/

 

<その他問い合わせ先>

問い合わせ: http://miraigroup.jp/#contact