Second Contract Signed with ONNA Greens AS, Norway, As the Company Expands Its Plant Factory.

NEWS RELEASE

Second Contract Signed with ONNA Greens AS, Norway, As the Company Expands Its Plant Factory.

September 27, 2022
MIRAI Co., Ltd.

MIRAI Co., Ltd. (headquartered in Kashiwa City, Chiba Prefecture; hereinafter "MIRAI") concluded an equipment sales agreement with ONNA Greens AS (headquartered in OSLO; hereinafter "ONNA") of Norway for the cultivation equipment for a fully closed artificial light-type plant factory for the second expansion phase, in addition to the factory already in operation.

Company with which the contract was concluded: ONNA Greens AS

URL  :https://www.weareonna.no/

Production base: Area located near Oslo, Norway

Phase 1: 560 kg/day of leafy lettuce equivalent
Shipping of vegetable products started in March 2022

Phase 2: Leaf lettuce equivalent to 700 kg/day, herbs approx. 50 kg/day
Shipping of vegetable products to begin in spring 2023
Contract amount: not disclosed
Items grown: Baby leaves, head lettuce, herbs, kale, etc.

Examples of ONNA’s products sold in Norway

MIRAI's Role

  1. [Sales] Assist in overall factory design, sales of cultivation equipment
  2. [Support] Assistance with factory operation, production planning, and troubleshooting during the start-up phase
    Conducting regular weekly web meetings and providing support for early resolution of local problems for about 2 years.
  3. [DX] Support for cultivation technology/environmental control/predictive maintenance by remote monitoring system
    Management of temperature, humidity, and other sensor values, alert management of equipment operation outside settings, etc.
  4. [Lab] Sharing of information on yield, quality, and commercialization process through test cultivation of new varieties by both companies
    Sharing of process information from the cultivation phase to commercialization, including packaging, and distribution
  5. [Equipment development] Cooperation in the development of various labor-saving equipment
    We are working to improve production efficiency by deepening cooperation with Japanese and overseas suppliers.

Since the signing of the first phase contract in December 2020, the company has gained trust with our past efforts, the quality of the harvested vegetables, and the current status of expanding sales destinations, leading to this second contract.

Strengthening MIRAI's Business Structure

Based on the decisions made at the Regular General Meeting of Shareholders held on June 30 and the subsequent meeting of the Board of Directors, Nagateru Nozawa was newly appointed as Representative Director and COO (formerly: Director and COO) in order to further strengthen the management structure. Together with Yoshio Shiina, CEO of parent company Masaru Industries Ltd. and President and CEO of MIRAI, this will be a two-representative structure.

At the same time, the Plant Business Department was reorganized as a team to solve all issues related to the plant factory business in Japan and overseas. The team consists of personnel who specialize in plant/facility design/control design, personnel who specialize in cultivation technology support, and personnel who support overall plant operations, including quality control. With this team, we will continue to provide support for new plant projects, renewal projects, and post-operational plant operations, based on our strengths in experience including improvements and modifications at our own plants, new launches in Japan and overseas, and subsequent support.

Development and Launch of DX Service: Supporting the shift to Smart Factories

We have started providing a remote web monitoring system as a new service, focusing on efficient data visualization, predictive maintenance activities, and visualization of business numerical management at sites where the latest equipment and older equipment are mixed within the same factory, which is considered to be a challenge for factory management. The system has already been introduced at the ONNA facility and is being utilized by both companies for day-to-day environmental control and predictive maintenance. In addition, in Japan, we have already started providing this service in the spring of 2022 for a plant factory operator that is operating a different system than MIRAI's equipment.

New Service

This is a remote web monitoring system created by MIRAI members based on the "SensorCorpus" IoT platform service from Infocorpus Inc. (headquartered in Meguro-ku, Tokyo; https://infocorpus.co.jp/).

The fixed monthly fee keeps down the initial development cost for the client, and allows for quick response to necessary changes according to the level of improvement at the site.
In addition, we are developing our own temperature and humidity sensor that takes into account the indoor environment unique to plant factories, and plan to introduce a commercial product to the ONNA factory. We are in the process of producing it in a communication format and price range that is easier for sensing.
*DX : Abbreviation for Digital Transformation

About Product Development

Our customers mainly purchase vegetables for commercial use. Due to the recent sharp rise in the cost of goods and raw materials, our customers are conscious of using raw materials with higher yields, and they have set a specific goal of reducing food waste in order to realize sustainable business management.

Therefore, we are developing our frilled lettuce and green leaf, which we have been producing and selling for some time, by using mainly seeds developed for plant factories and by improving the cultivation environment, in order to create products with higher yields of use, and with an awareness of texture and feel.

We are now in the process of conducting trial production of developed products at each customer's site of use, and are repeating mutual evaluations of the texture as well as the usability. We are aware that we are also a member of the menu proposer in the development of food service and home meal menus, because we are a producer.

Future Development

In the overseas business, MIRAI will establish production bases for plant factory vegetables in each country and region, aiming to create bases for "local production for local consumption" and "stable supply" in the target areas. The main players will be local business operators, and MIRAI will focus on equipment sales and cultivation support.

In Japan, in addition to selling vegetables produced at our own Kashiwanoha Factory, we also sell vegetables produced by other companies that operate artificial light-type plant factories, mainly for commercial use.

In this respect, as past achievements, we have held regular joint meetings on quality control, shared seed information with customers to ensure standardization of quality, and worked together on complaints to ensure speedy response time. In addition, we have established a nationwide cooperative relationship in the area of logistics, which is a relatively difficult task for plant factories, and we are building a system that enables us to ship vegetables closer to the customers who purchase them. We will continue to build on these cooperative and collaborative relationships to meet the demand for vegetable products grown in plant factories in Japan.

< Company Overview >

MIRAI Corporation

President & CEO: Yoshio Shiina

Representative Director & COO: Nagateru Nozawa

Foundation: September 2004

Establishment: November 2015

Capital: 75,500,000 yen

 

Address: 221-1 Aotashindentobichi, Kashiwa-shi, Chiba, Japan

Phone: 04-7192-6655

<Inquiries regarding this release>

MIRAI Co., Ltd.

Sales Department or Administration Department

mail: mirai@miraigroup.jp

 

<Inquiries about employment>

Recruitment: https://miraigroup.jp/recruit/

 

<Other inquiries>

Inquiry form: http://miraigroup.jp/#contact


ノルウェーONNA Greens AS社の工場拡張に伴い植物工場向け栽培装置の第2弾契約を締結

NEWS RELEASE

ノルウェーONNA Greens AS社の工場拡張に伴い
植物工場向け栽培装置の第2弾契約を締結

2022年9月
MIRAI株式会社

2022年6月末、MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 以下「MIRAI」)は、北欧ノルウェーのONNA Greens AS(本社:OSLO 以下「ONNA」)と既に稼働中の工場とは別に第2期拡張工事分としての完全閉鎖型人工光型植物工場の栽培設備に関する「装置売買契約」を締結いたしました。

≪契約先となる運営会社:ONNA Greens AS≫

Website:https://www.weareonna.no/

生産拠点:ノルウェーオスロ市近郊エリア

生産規模:

第1期 リーフ系レタス換算 1日あたり560kg生産可能
2022年3月出荷開始、現在稼働率80%以上

第2期 リーフ系レタス換算 1日あたり700kg、ハーブ類 約50kg
2023年春出荷開始予定 *契約金額:非公表
栽培品目:ベビーリーフ類、ヘッドレタス類、ハーブ類、ケール、他

ノルウェーで販売している商品例

<MIRAI役割>
1. 【販売】 工場全体設計補助、栽培設備の販売
2. 【支援】 立上げ期における工場運営/生産計画/トラブルシューティングの補助
毎週定例でWEB会議実施、現地の諸問題を早期解決する支援を2年程実施中
3. 【DX】 リモートモニタリングシステムによる栽培技術/環境制御/予知保全の支援
温湿度ほか各種センサー値の管理、機器の設定外運転のアラート管理など
4. 【Lab機能】 両社の新品種試験栽培による収量、品質、商品化プロセス情報共有
栽培段階からパッケージ含む商品化、および流通までのプロセス情報の共有化
5. 【機器開発】 各種省力機器の開発協力
日本および海外の業者との連携を深めて生産効率化を図っています

2020年12月第1期契約を締結して以降、これまでの取組みや収穫した野菜の品質、販売先が拡大している現状を持って信頼いただき、今回のリピート契約に至りました。

≪今後の展開≫
海外においては、各国、地域において主要となる植物工場野菜の生産拠点をつくり、その対象エリアにおける「地産地消」「安定供給」拠点づくりを目指します。主体者としては現地の事業者を軸にMIRAIは販売、支援を軸に進めてまいります。

 

< 会 社 概 要 >

MIRAI株式会社

代表取締役会長:椎名 吉夫

代表取締役社長:野澤 永光

創業:2004年9月

設立:2015年11月

資本金:75,500,000円

 

 

住所:千葉県柏市青田新田飛地221-1

電話:04-7192-6655

<本リリースに関する問い合わせ先>

MIRAI株式会社

営業部 または 管理部

mail:mirai@miraigroup.jp

 

<採用に関する問い合わせ先>

採用:https://miraigroup.jp/recruit/

 

<その他問い合わせ先>

問い合わせ: http://miraigroup.jp/#contact

 


MIRAI事業体制の強化ならびにデジタル関連の新サービス提供開始のお知らせ

NEWS RELEASE

MIRAI事業体制の強化ならびにデジタル関連の新サービス提供開始のお知らせ

2022年9月
MIRAI株式会社

2022年9月14日リリースしましたMIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 以下「MIRAI」)の役員体制変更、野澤永光の代表取締役就任に伴い、事業体制の強化を行いました。
また、植物工場事業者および中小規模の食品工場向けのデジタル関連の新サービスを開始しましたことをお知らせいたします。

≪MIRAIの事業体制強化≫

6月30日開催の定時株主総会及びその後の取締役会の決定に基づき、経営体制の更なる強化を図るため、野澤永光が新たに代表取締役(旧:取締役社長)に就任しました。親会社マサル工業株式会社の代表取締役であり、MIRAIの代表取締役会長でもある椎名吉夫とともに2名の代表体制となります。 参照:https://miraigroup.jp/#company

併せて、国内、海外における植物工場事業にまつわるあらゆる課題解決を図るチームをプラント事業部として改めて編成しました。工場/設備設計、制御設計の人材、栽培技術支援を専門とする人材、品質管理を含む工場運営全般をサポートする人材について、自社工場での改善、改造の経験、国内外の新規立ち上げ、その後の支援を含めた経験を強みとして今後も新工場やリニューアル案件、稼働後の工場運営の支援を行ってまいります。

≪DXサービスの開発・提供開始  スマートファクトリー化の側面支援≫

工場運営の課題とされている同一工場内の最新設備と旧型設備の混在する現場における効率的なデータ可視化や予知保全活動、経営数値管理の可視化に着目し、新たなサービスとしてリモートによるwebモニタリングシステムの提供をスタートいたしました。今回のONNA社にも導入済みで双方の日々の環境制御面、予知保全面で活用しているところです。また、国内においてもMIRAIの設備ではなく、別システムで運用中の植物工場事業者向けにも既に2022年春からサービスを開始しています。

<新サービス> 株式会社インフォコーパス(本社:東京都目黒区 https://infocorpus.co.jp/ )のIoTプラットフォームサービス“SensorCorpus”をベースにして、MIRAIのメンバーにより汎用的に作成したリモートによるwebモニタリングシステムになります。

月額定額制で顧客側の初期開発費を抑え、かつ、現場の改善度合いによって必要な「変更」を迅速に対応します。
また、植物工場ならではの室内環境を考慮した温湿度センサーを独自に開発中で、量産品はONNA社に導入する予定です。よりセンシングしやすい通信形式、価格帯で製作をしているところです。
*DX : Digital Transformationの略称

≪商品開発について≫
上記サービスを自社工場で一般的な「管理」だけではなく、商品開発にも活用をしています。

当社の顧客は業務用が中心になります。昨今の資材、原材料の高騰の影響があり、顧客はより使用歩留まりの高い原材料を扱うことを意識していますし、続可能な事業経営を実現するために食品廃棄ロス削減を具体的目標に掲げています。
そこで、従来から生産・販売しているフリルレタスやグリーンリーフにおいても植物工場向けに開発された種子を中心に用い、かつ使用歩留まりのより高いもの、食感や質感を意識した商品になるように栽培環境含めた開発を行っています。
顧客ごとの使用現場で実際に開発品をメニュー品で試作し、使用感に加え、食感の相互評価も繰り返しているところです。今後外食、中食のメニュー開発において「生産者」だからこそ、メニュー提案者の一員という自覚をもって臨んでいるところです。

≪今後の展開≫
海外においては、各国、地域において主要となる植物工場野菜の生産拠点をつくり、その対象エリアにおける「地産地消」「安定供給」拠点づくりを目指します。主体者としては現地の事業者を軸にMIRAIは販売、支援を軸に進めてまいります。

日本国内においては、自社の柏の葉工場で生産した野菜の販売に加えて、協力いただいている同じ人工光型植物工場の事業者様が生産した野菜を業務用中心に販売しています。

この点においては、これまでの実績として、品質管理に関する共同の会議を定例で実施したり、顧客向けに種子情報を開示しあい、品質の共通化を実施したり、クレーム対応においても共同で取り組むことで常にスピード感ある取り組みにつなげています。また、植物工場では比較的課題となっている「物流」面においても全国規模で協力関係を構築してきたことで野菜を購入する顧客により近いところから出荷できる体制も構築しつつあります。引き続き、こうした協力関係、協業関係を築きながら、日本国内における植物工場産野菜の需要に応えてまいります。

 

< 会 社 概 要 >

MIRAI株式会社

代表取締役会長:椎名 吉夫

代表取締役社長:野澤 永光

創業:2004年9月

設立:2015年11月

資本金:75,500,000円

 

 

住所:千葉県柏市青田新田飛地221-1

電話:04-7192-6655

<本リリースに関する問い合わせ先>

MIRAI株式会社

営業部 または 管理部

mail:mirai@miraigroup.jp

 

<採用に関する問い合わせ先>

採用:https://miraigroup.jp/recruit/

 

<その他問い合わせ先>

問い合わせ:

https://miraigroup.jp/#contact


役員体制に関するお知らせ

NEWS RELEASE

役員体制に関するお知らせ

2022年9月14日
MIRAI株式会社

MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 以下「MIRAI」)は、2022年6月30日開催の定時株主総会及びその後の取締役会の決定に基づき、経営体制の更なる強化を図るために野澤永光が新たに代表取締役に就任致しました。

<新任代表取締役>
代表取締役社長 野澤 永光(のざわ ながてる)

<取締役および監査役>
代表取締役会長 椎名 吉夫
代表取締役社長 野澤 永光 (旧:取締役社長)
取締役     猿渡 修策
監査役     真部 健

2015年11月に設立以降、人工光型植物工場産の野菜の生産者として事業運営を続けてまいりました。その後、自社開発の設備や運営ノウハウを強みとした海外への装置販売(輸出)、一方、野菜のお取引先様からの需要拡大に伴う、同じ人工光型植物工場を運営する他社様からの仕入れの強化による野菜販売事業の拡大も続けてまいりました。

2022年、工場内の「可視化」や「予知保全」を中心としたデジタル領域に関するモニタリングシステムのサービスも開始し、「植物工場」を中心軸に据えて、多面的にサービスを展開してまいります。

今後も、これまで以上に精進を重ね、農業・産業の発展に誠心誠意、貢献してまいります。
何卒引き続きのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
MIRAI株式会社
管理部
mail:mirai@miraigroup.jp


採用情報を更新しました

採用情報を更新しました。

1.植物栽培システムの設計、立上げ、開発業務に関心のある方

2.生鮮野菜の営業担当者

上記2件募集しております。

詳細は、採用ページよりご確認下さい。


ノルウェーONNA社と人工光型植物工場事業を展開

NEWS RELEASE

ノルウェーONNA社と人工光型植物工場事業を展開

2021年1月
MIRAI株式会社

2020年12月MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 代表取締役:椎名吉夫 以下「MIRAI」)は、北欧ノルウェーのONNA Greens AS(本社:OSLO Chairman:Are Andenæs Huser 以下「ONNA」)と完全閉鎖型人工光型植物工場の栽培設備に関する「装置売買契約」を締結いたしました。

運営会社:ONNA Greens AS
URL  :https://www.weareonna.no/
予定地 :ノルウェーオスロ市近郊エリア
生産時期:2021年12月-2022年1月頃
生産規模:1日あたり560kg(リーフ系レタス換算)
栽培品目:ハーブ類、レタス類など
MIRAI役割:設備販売、工場運営支援、モニタリングシステムによる栽培技術支援

【契約経緯】
約3年半前から両社で検討を開始。ノルウェーでは、高まるサラダ需要による葉物需要増に対して自国の露地生産は通年供給できる体制になく、輸入偏重の状況となっていました。その状況を人工光型植物工場野菜の生産で打開することをテーマとして取り組んでまいりました。ONNA社は各国の設備業者、生産者と商談を重ね、その結果として、生産者として栽培、工場運営、販売、商品開発を一気通貫して取り組むMIRAIを選定するに至り、1年半ほど前から徐々に設計、運営体制について検討してまいりました。
今回を第1期とし、第2期(増築)は来年中(2022年)の計画としています。また、その他北欧諸国でのONNA社による生産者としての事業展開について、MIRAIもパートナー関係をより強固にし、ともに取り組んでまいります。

【商品開発】
ONNA社が現地リサーチした情報や、MIRAIが過去各国にて現地調査した需要を鑑み、サラダ需要に耐えうる品質として、しっかりした「食感」と「葉の大きさ」そして品目別に求められる「味」を意識することを商品開発の軸に据えました。

MIRAIでは親会社マサル工業株式会社(本社:東京)の力を借り、2019年8月から自社の柏の葉工場の既存設備を一部改造。試験的に進めてきた1株200g以上、品目によっては250g以上の葉物栽培に関して、柏の葉工場の全栽培室の半分を完全に改造し、2020年12月から量産化に成功しました。現在サラダ向けを中心に販売中です。この量産商品を再現するべく、同等の栽培設備仕様のものをノルウェーに本年輸出、現地に設置、組立後、年末までに生産開始を目指しています。

この改造工事のもう一つの重要な狙いとしては、従来1株60-80gが主流の生産工場と比較して1日の総生産量を上げつつ、人件費、材料・消耗品費、水使用量などのコストは30%以上削減に成功したことです。人件費の高い北欧において製造コストの削減活動は必須であり、商品開発と連動できた成果は大きく、加えて電気使用量においても従来使用量から抑えつつも、水温制御、空間温度・湿度制御、栽培棚内の気流づくりもしっかり押さえ、商品品質を高める工夫を施しています。

【今後の展開】
北欧においては、ONNA社とともに、ノルウェーをはじめ、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、アイスランドでの需要をマーケティングしながら、市場の求める商品開発を行い、植物工場野菜が拡がるよう活動してまいります。
MIRAIは、世界中のお客様、お取引先様に「安心」と「感動」を提供し、世の中の発展、繁栄に貢献することを掲げています。
COVID-19の猛威がふるう中ではありますが、自国の農業生産力の見直しを図る国・地域が増えており、明るい未来を切り拓こうとするその一助として貢献するべく、社員一同、積極的に活動をつづけてまいります。


MIRAI株式会社柏の葉工場

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
MIRAI株式会社
取締役社長
野澤永光
mail:mirai@miraigroup.jp
日本語版HP:https://miraigroup.jp/
英語版HP:https://miraigroup.jp/en/


MIRAI acquired JAS 0012 "Environmental Management of Leaf Vegetable Cultivation in Artificial Light Plant Factory"

NEWS RELEASE

MIRAI acquired JAS 0012 "Environmental Management of Leaf Vegetable Cultivation in Artificial Light Plant Factory"

MIRAI Co., Ltd.

In June 2020, MIRAI Co., Ltd. (headquartered in Kashiwa City, Chiba Prefecture, Chairman & CEO: Yoshio Shiina) acquired JAS 0012 certification for its Kashiwanoha Factory, one of its main production facilities, in accordance with the Japan Agricultural Standards, " Environmental Management of Leaf Vegetable Cultivation in Artificial Light Plant Factory ".

Certification Number: SGS/JP/JASP-N002
Certification Date: June 23, 2020
Factory: Kashiwanoha Factory (221-1 Aotashindentobichi, Kashiwa-shi, Chiba 277-0881)

<JAS 0012 "Environmental Management of Leaf Vegetable Cultivation in Artificial Light-type Plant Factory" Date of enforcement>
October 5, 2019

<Requirements of JAS 0012>
- General requirements (management standards and classification control)
- Facility requirements (facility (general) and clean zone requirements)
- Management requirements (cultivation management, shipping management, materials management, management of workers and education and training)

JAS* 0012 certified producers are eligible to use the special JAS Mark** as a result of the third-party recognition of their management skills in the cultivation process.
(The JAS Mark is a certification of the management process and is not attached to vegetable products.)

Artificial light-type plant factories will continue to evolve and develop in the future. On the other hand, there will continue to be a growing focus on global food procurement issues due to the effects of the bad weather and natural disasters that do not decrease every year, as well as new coronavirus. Overall, the demand for vegetables cultivated in plant factories will continue to grow.

MIRAI's cultivation system has been introduced not only to our own factories but also to the global market. Through the acquisition of GLOBALG.A.P. in March of this year and this JAS0012 certification, we will continue to provide "Safe Management Capability" and "Safe and High-quality Vegetables" to our customers all over the world through our own factories and the customers who have introduced our system.


(JAS0012. certificate)


(MIRAI Kashiwanoha Factory)

*About JAS
JAS (Japanese Agricultural Standards) is a national standard established by the Minister of Agriculture, Forestry and Fisheries in the field of food, agriculture, forestry and fisheries, and traditionally has been used to establish standards for the quality and specifications of food, agricultural, forestry and fisheries products sold in the domestic market. Reference: Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries website
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/index.html

**About Special JAS Mark
In light of the expanded scope of the revised JAS Law enacted in FY 2018, the three marks except for Organic JAS have been unified with a new design. It is now possible to affix the special JAS Mark to the company's website and product standard documents to indicate that the company is a certified business.

(Special JAS mark acquired this time)

<For inquiry about this news release>
MIRAI Co., Ltd.
COO: Nagateru Nozawa
E-mail:mirai@miraigroup.jp

Website:https://miraigroup.jp/


JAS 0012「人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理」を取得

NEWS RELEASE

JAS 0012「人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理」を取得

MIRAI株式会社

2020年6月MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 代表取締役会長:椎名吉夫 以下「MIRAI」)は、日本農林規格JAS 0012「人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理」の認証を主力生産工場である「柏の葉工場」にて取得しました。

認証番号:SGS/JP/JASP-N002
認証日 :2020年6月23日
工場  :柏の葉工場(千葉県柏市青田新田飛地221-1)

<JAS 0012 「人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理」の施行日>
2019年10月5日

<JAS 0012 の要求事項>
・一般要求事項(管理基準と区分管理)
・施設要求事項(施設(一般)と清浄区の要件)
・管理要求事項(栽培管理・出荷管理・資材管理・従事者への管理及び教育訓練)

JAS* 0012の認証事業者は、栽培プロセスにおける管理能力を第三者機関に認めていただいたことなり、特色JASマーク**の使用が可能となります。
(管理プロセスの認証になるため、野菜商品に貼付するものではありません)

人工光型植物工場の技術は今後ますます進化・発展していくこと、一方で年々減ることがない天候不順・災害、新型コロナウイルスの影響を受けて、ますます重要視される世界規模の食糧調達問題、総じて植物工場で栽培された野菜の需要はますます拡大していきます。

MIRAIの栽培システムの仕組みは自社生産工場にとどまらず、世界にも導入を進めています。本年3月取得のGLOBALG.A.P.取得をはじめ、今回のJAS0012取得を通して、MIRAI自社工場の野菜の取引先様、システム導入先を通じた世界中の野菜の取引先様に対して、継続的に「安全な管理能力」、「安心して食べられる野菜」を提供してまいります。


(JAS0012.認証証書)


(MIRAI株式会社柏の葉工場)

* JASとは
JAS(Japanese Agricultural Standards、日本農林規格)は食品・農林水産分野において農林水産大臣が定める国家規格であり、伝統的には、国内市場に出回る食品・農林水産品の品質や仕様を一定の範囲・水準に揃えるための基準のこと
参照:農林水産省HP https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/index.html

** 特色JASマークとは
平成30年度施行された改正JAS法で、特色のある規格を制定できる対象が拡大したことを踏まえ、有機JASを除く3つのマークを新たなデザインで統一しました。
会社のHP、商品規格資料などに特色JASマークを貼付し、認証事業者であることを表現することが可能となります。

(今回取得した特色JASマーク)

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
MIRAI株式会社
取締役社長 野澤永光
mail:mirai@miraigroup.jp

会社情報:https://miraigroup.jp/


MIRAI's Kashiwanoha Factory Received GLOBALG.A.P. Certification

NEWS RELEASE

MIRAI's Kashiwanoha Factory Received GLOBALG.A.P. Certification

MIRAI Co., Ltd.

In March 2020, MIRAI Co., Ltd. (Head Office: Kashiwa City, Chiba Prefecture; President and CEO: Yoshio Shiina; hereinafter "MIRAI") announced that its main production facility Kashiwanoha Factory had been awarded the GLOBALG.A.P., an international third-party certification.

GGN: 4063061098771
Certification date: March 12, 2020
Factory: Kashiwanoha Factory (221-1 Aotashindentobichi, Kashiwa-shi, Chiba 277-0881 Japan)

<Main purposes of obtaining the certificate>.
To strengthen risk management
To improve management efficiency
To establish the "business operation know-how” that follows "facilities" and "cultivation technology" for overseas business development

MIRAI’s Kashiwanoha Factory has been operating as a large-scale artificial light type plant factory for over six years, and we have been accumulating the know-how in plant factory operation and management by producing and selling vegetable products. Now that we have more than 50 corporate clients purchasing our vegetables, the demand for food safety, and the stability and security of procurement is increasing day by day.

The idea of food safety, workplace safety, and environmental protection have changed significantly from the early days of our factory to the present. Now a single wrong decision can lead directly to the risk for the entire business. In this regard, we believe obtaining the certificate is truly beneficial for all our business stakeholders.

Also, in order to further improve the productivity and promote the efficiency, we thought it would be very effective to review the related factors and “visualize” them when we prepare for the application for GLOBALG.A.P. Certification. In this process, we were able to improve each part of our work, ranging from revising the conventional work manual, reports, and deliverables, to reducing the procurement cost, and to enhancing the cooperation between the sales team and production team.

Furthermore, one of MIRAI’s core businesses is to provide the “plant factory system” and its “operational support” for the overseas market. At this point, the certificate allows us to also provide “business operation know-how” for our existing and new overseas business partners. Currently, in our new overseas projects, we design the layout, work-flows, and operations following the GLOBALG.A.P..


(Left: GLOBALG.A.P. certificate)      (Right: MIRAI Kashiwanoha Factory)

Internally, we hope it encourages and helps our staff to implement their risk management and to improve work efficiency. Also, we see it as an excellent chance to enhance our passion for our business, and every day we learn, try new things, and advance our business “brightly, proactively, and constructively” together under any circumstances.

*About GLOBALG.A.P.
GLOBALG.A.P. is a trademark and a set of standards for Good Agricultural Practices. In over 120 countries, it is used as an international standard certification approved by GFSI. This certificate is an international brand awarded to good-standing companies that are engaged in sustainable production while achieving food safety, workplace safety, and environmental protection.

*About GFSI (Global Food Safety Initiative)
GFSI is an organization managed by food security experts such as international food companies and distribution companies and maintains a scheme to benchmark international food safety standards. GLOBALG.A.P. is one of the six certifications approved by GFSI in the field of agriculture.

<Inquiries regarding this news release>
MIRAI Co., Ltd.
COO Nagateru Nozawa
E-Mail: mirai@miraigroup.jp
Website: http://miraigroup.jp/


MIRAI株式会社、国際的な第三者認証であるGLOBALG.A.P.を「柏の葉工場」にて取得

NEWS RELEASE

MIRAI株式会社、国際的な第三者認証であるGLOBALG.A.P.を「柏の葉工場」にて取得

 

MIRAI株式会社

 

2020年3月MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 代表取締役会長:椎名吉夫 以下「MIRAI」)は、国際的な第三者認証であるGLOBALG.A.P.を主力生産工場である「柏の葉工場」にて取得いたしました。

GGN:4063061098771
認証日:2020年3月12日
工場 :柏の葉工場(千葉県柏市青田新田飛地221-1)

<認証取得に関する主な目的>
・経営リスクマネジメントの強化
・経営効率化
・海外展開における「設備」「栽培技術」に続く「事業運営ノウハウ」の確立

MIRAI柏の葉工場は大規模な人工光型植物工場として操業開始以来6年が経過し、野菜の生産、販売をとおして植物工場運営のノウハウを蓄積してまいりました。野菜を購入いただく顧客は50社を越え、食の安全や調達の安定・安心を求める声が日増しに増えてきています。

食の安全、労働安全、環境保全については工場稼働初期と現在とで大きく変化してきており、判断一つ誤ることで「経営リスク」に直結することが増えてきています。

一方、さらなる「生産性向上」「効率化の促進」のためには、第三者による取得過程に至るチェックとそこで見直される生産工程の「見える化」が非常に有効と考えました。従来のマニュアル、掲出物、成果物の見直しに始まり、調達品のコスト低減、営業と工場の生販連携の強化を進めています。

また、MIRAIでは海外に「植物工場システム」の輸出・販売・運営支援も行っていることから、既存パートナー、今後取り組む新規パートナーに対しても「設備」の提供や「栽培技術」の支援だけで終わらず、「事業運営のノウハウ」も含めた有益な取り組みになると考えています。現在の新規商談においてはGLOBALG.A.P.を意識したレイアウト、作業動線、運営手順にて進めています。


(上:GOBALG.A.P.認証取得証)      (下:MIRAI株式会社柏の葉工場)

従業員には経営リスクの意識につなげてもらい、効率化を日々の業務と認識し、世界とのつながりを肌で感じてもらうべく、本認証取得を契機として日々学習し、新しいことに挑戦し、どのような社会環境にあっても常に会社一丸となって「明るく、積極的、建設的」に事業を前進させてまいります。

* GLOBALG.A.P. とは
G.A.P.(ギャップ) は、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)のことです。GLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)とは、それを証明する国際基準の仕組みになります。世界 120か国以上に普及し、GFSI**が承認する国際標準認証規格となっています。本認証は、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続的な生産活動」を実践する優良企業に与えられる世界共通ブランドです。

** GFSI :(Global Food Safety Initiative)
グローバルに展開している流通事業者や食品会社で構成される食品安全専門家達が集まり、協働して食の安全に取り組む組織です。GLOBALG.A.P.はGFSIが承認した国際認証であり、農業分野における6つのうちの1つに該当します。

 

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
MIRAI株式会社
取締役社長 野澤永光
mail:mirai@miraigroup.jp

会社情報:http://miraigroup.jp/