MIRAI's Kashiwanoha Factory Received GLOBALG.A.P. Certification

NEWS RELEASE

MIRAI's Kashiwanoha Factory Received GLOBALG.A.P. Certification

MIRAI Co., Ltd.

In March 2020, MIRAI Co., Ltd. (Head Office: Kashiwa City, Chiba Prefecture; President and CEO: Yoshio Shiina; hereinafter "MIRAI") announced that its main production facility Kashiwanoha Factory had been awarded the GLOBALG.A.P., an international third-party certification.

GGN: 4063061098771
Certification date: March 12, 2020
Factory: Kashiwanoha Factory (221-1 Aotashindentobichi, Kashiwa-shi, Chiba 277-0881 Japan)

<Main purposes of obtaining the certificate>.
To strengthen risk management
To improve management efficiency
To establish the "business operation know-how” that follows "facilities" and "cultivation technology" for overseas business development

MIRAI’s Kashiwanoha Factory has been operating as a large-scale artificial light type plant factory for over six years, and we have been accumulating the know-how in plant factory operation and management by producing and selling vegetable products. Now that we have more than 50 corporate clients purchasing our vegetables, the demand for food safety, and the stability and security of procurement is increasing day by day.

The idea of food safety, workplace safety, and environmental protection have changed significantly from the early days of our factory to the present. Now a single wrong decision can lead directly to the risk for the entire business. In this regard, we believe obtaining the certificate is truly beneficial for all our business stakeholders.

Also, in order to further improve the productivity and promote the efficiency, we thought it would be very effective to review the related factors and “visualize” them when we prepare for the application for GLOBALG.A.P. Certification. In this process, we were able to improve each part of our work, ranging from revising the conventional work manual, reports, and deliverables, to reducing the procurement cost, and to enhancing the cooperation between the sales team and production team.

Furthermore, one of MIRAI’s core businesses is to provide the “plant factory system” and its “operational support” for the overseas market. At this point, the certificate allows us to also provide “business operation know-how” for our existing and new overseas business partners. Currently, in our new overseas projects, we design the layout, work-flows, and operations following the GLOBALG.A.P..


(Left: GLOBALG.A.P. certificate)      (Right: MIRAI Kashiwanoha Factory)

Internally, we hope it encourages and helps our staff to implement their risk management and to improve work efficiency. Also, we see it as an excellent chance to enhance our passion for our business, and every day we learn, try new things, and advance our business “brightly, proactively, and constructively” together under any circumstances.

*About GLOBALG.A.P.
GLOBALG.A.P. is a trademark and a set of standards for Good Agricultural Practices. In over 120 countries, it is used as an international standard certification approved by GFSI. This certificate is an international brand awarded to good-standing companies that are engaged in sustainable production while achieving food safety, workplace safety, and environmental protection.

*About GFSI (Global Food Safety Initiative)
GFSI is an organization managed by food security experts such as international food companies and distribution companies and maintains a scheme to benchmark international food safety standards. GLOBALG.A.P. is one of the six certifications approved by GFSI in the field of agriculture.

<Inquiries regarding this news release>
MIRAI Co., Ltd.
COO Nagateru Nozawa
E-Mail: mirai@miraigroup.jp
Website: http://miraigroup.jp/


MIRAI株式会社、国際的な第三者認証であるGLOBALG.A.P.を「柏の葉工場」にて取得

NEWS RELEASE

MIRAI株式会社、国際的な第三者認証であるGLOBALG.A.P.を「柏の葉工場」にて取得

 

MIRAI株式会社

 

2020年3月MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 代表取締役会長:椎名吉夫 以下「MIRAI」)は、国際的な第三者認証であるGLOBALG.A.P.を主力生産工場である「柏の葉工場」にて取得いたしました。

GGN:4063061098771
認証日:2020年3月12日
工場 :柏の葉工場(千葉県柏市青田新田飛地221-1)

<認証取得に関する主な目的>
・経営リスクマネジメントの強化
・経営効率化
・海外展開における「設備」「栽培技術」に続く「事業運営ノウハウ」の確立

MIRAI柏の葉工場は大規模な人工光型植物工場として操業開始以来6年が経過し、野菜の生産、販売をとおして植物工場運営のノウハウを蓄積してまいりました。野菜を購入いただく顧客は50社を越え、食の安全や調達の安定・安心を求める声が日増しに増えてきています。

食の安全、労働安全、環境保全については工場稼働初期と現在とで大きく変化してきており、判断一つ誤ることで「経営リスク」に直結することが増えてきています。

一方、さらなる「生産性向上」「効率化の促進」のためには、第三者による取得過程に至るチェックとそこで見直される生産工程の「見える化」が非常に有効と考えました。従来のマニュアル、掲出物、成果物の見直しに始まり、調達品のコスト低減、営業と工場の生販連携の強化を進めています。

また、MIRAIでは海外に「植物工場システム」の輸出・販売・運営支援も行っていることから、既存パートナー、今後取り組む新規パートナーに対しても「設備」の提供や「栽培技術」の支援だけで終わらず、「事業運営のノウハウ」も含めた有益な取り組みになると考えています。現在の新規商談においてはGLOBALG.A.P.を意識したレイアウト、作業動線、運営手順にて進めています。


(上:GOBALG.A.P.認証取得証)      (下:MIRAI株式会社柏の葉工場)

従業員には経営リスクの意識につなげてもらい、効率化を日々の業務と認識し、世界とのつながりを肌で感じてもらうべく、本認証取得を契機として日々学習し、新しいことに挑戦し、どのような社会環境にあっても常に会社一丸となって「明るく、積極的、建設的」に事業を前進させてまいります。

* GLOBALG.A.P. とは
G.A.P.(ギャップ) は、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)のことです。GLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)とは、それを証明する国際基準の仕組みになります。世界 120か国以上に普及し、GFSI**が承認する国際標準認証規格となっています。本認証は、食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続的な生産活動」を実践する優良企業に与えられる世界共通ブランドです。

** GFSI :(Global Food Safety Initiative)
グローバルに展開している流通事業者や食品会社で構成される食品安全専門家達が集まり、協働して食の安全に取り組む組織です。GLOBALG.A.P.はGFSIが承認した国際認証であり、農業分野における6つのうちの1つに該当します。

 

<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
MIRAI株式会社
取締役社長 野澤永光
mail:mirai@miraigroup.jp

会社情報:http://miraigroup.jp/


マイナビ農業に掲載されました

「農業の全てが集まるWebサイト」マイナビ農業さまに、MIRAIの工場改造と、生産野菜の大型化に関して特集して頂いた記事が公開されました。

工場改造に至るまでの背景や、改造及び大型野菜の概要など、詳しくご記載頂いております。

ぜひともご覧下さい。

記事リンク↓
挫折した植物工場の旗手、再生の武器は250グラムのレタス


Aug. 27th - 29th Showcasing Vegetable Products at Gaishoku Business Week 2019

We are going to exhibit our vegetable products at "Gaishoku Business Week 2019".

Venue: Tokyo Big Sight, South Hall 1, 2, 3, 4
Booth: 4H-30
HP: https://gaishokubusiness.jp/english/

"Gaishoku Business Week" is Japan’s largest trade show specialized in Restaurant & Food Service industry.

Vertical farm vegetable products have started to largely being used in fields of prepared foods and restaurants, and the main species are not only frill lettuce but also expanding to greenleaf and herb varieties.

So far, MIRAI has commercially supplied romaine lettuce, basil, and more than 10 varieties of herbs, other than frill lettuce and greenleaf.

Now, we are introducing even more varieties to suit our clients' needs. The newly added products are as follows, and we will also showcase "one more new product".

MIRAI's New Products (All are for professional use)

  • Kale
  • Oakleaf
  • One more new product (Please check our booth)

Contact

MIRAI Co., Ltd.
Isoda and Seki at Fresh Vegetable Product Sales Department
Mail:mirai@miraigroup.jp

 


8月27日(火)-8月29日(木)外食ビジネスウィーク2019に出展します

8月27日(火)-8月29日(木)外食ビジネスウィーク2019に出展します。

場所:東京ビッグサイト 南ホール1・2・3・4
小間:4H-30
HP :https://www.gaishokubusiness.jp/

日本最大級!外食産業の食品・飲料・設備・サービスが一堂に会する商談会。

植物工場野菜はいよいよ中食、外食市場に大きく進出を始めており、従来のフリルレタス需要だけでなく、
グリーンリーフ、さらにはハーブ類へと拡大傾向にあります。
これまで、業務用としては、フリルレタス、グリーンリーフの他に、ロメインレタス、バジル、
その他10種類以上のハーブ類の販売実績があるMIRAIですが、お取引先様のご要望をお伺いし、
今回新商品の展示も併せて行うことといたします。

MIRAIの新商品紹介

・業務用ケール
・業務用オークリーフ
・業務用「新商品」(期間中展示いたします)

問い合わせ先)
MIRAI株式会社
営業部 (担当:礒田、関)
電話:04-7192-6655
Mail:mirai@miraigroup.jp


マガジンハウス「COLOCAL」に特集していただきました

マガジンハウス「COLOCAL」 KAI先端研究所 連載企画第10弾にMIRAIを取り上げて頂きました。

記事のタイトルは「すでにあなたも食べているかも!? 植物工場の先駆け〈MIRAI〉が描く未来の野菜とは?」というもので、弊社の経歴や、弊社野菜製品のお客様へのメリット、弊社のものづくり精神など多岐に渡ってご紹介頂いております。

せひともご覧下さい。

記事はこちら
https://colocal.jp/topics/think-japan/laboratory/20190419_124409.html


MIRAI and CHIYODA CORPORATION Concludes a Business Partnership Agreement

NEWS RELEASE

MIRAI and CHIYODA CORPORATIONconcludes a business partnership agreement for the growing demand in the field of vertical farming business

February 1, 2019 (Fri.) MIRAI Co., Ltd. (headquarters: Kashiwa City, Chiba Prefecture “MIRAI" hereinafter) and CHIYODA CORPORATION (headquarters: Yokohama City, Kanagawa Prefecture "CHIYODA CORPORATION" hereinafter) have concluded a business partnership agreement in the field of closed type artificial light vertical farming business, to respond to the increasing demand for vegetable products and production systems.

MIRAI is a “producer” of vegetables in Japan, having large commercial scale vertical farms in Chiba (Kashiwanoha Factory) and Miyagi (Tagajo Factory). And by consistent efforts of producing and selling lettuces and herbs, MIRAI accumulates the know-how of vertical farm management, vegetable cultivation, and market development.

We recently issued a press release regarding a large commercial scale plant factory system in Moscow, Russia, while in China we have completed three systems installation from last year to this year.

MIRAI have strengths in vertical farm management and cultivation technology, and recently have started research and development of diversified vegetable production system in response to the growing market demand. Meanwhile, in the field of labor-saving hardware development and engineering that are suitable for countries with severe climate environments, the capability of MIRAI alone was limited while such demands have been ever more increasing. Therefore, to meet the demand, MIRAI decided to make the partnership with CHIYODA CORPORATION, which have profound achievements and experience in such field and recently have started focusing on vertical farming business.

—————————————————–To inquire about this news release—–

MIRAI Co., Ltd.
Administration Department
mirai@miraigroup.jp

CHIYODA CORPORATION
IR · PR · CSR Department
irpr@chiyodacorp.com

 


千代田化工建設と業務提携契約を締結

NEWS RELEASE

MIRAI株式会社、千代田化工建設株式会社と植物工場事業の分野において
国内外の高まる需要に向けて業務提携契約を締結

MIRAI株式会社

2019年2月1日(金)MIRAI株式会社(本社:千葉県柏市 以下「MIRAI」)と千代田化工建設株式会社(本社:神奈川県横浜市 以下「千代田化工建設」)は、閉鎖型人工光植物工場事業の分野において、日本国内外にて高まっている生産物ならびに生産システムの需要増に応えるべく、業務提携契約の締結に至りました。

MIRAIは日本国内で千葉(柏の葉工場)、宮城(多賀城工場)にて葉物野菜の「生産者」であり、生産物であるレタス類、ハーブ類を販売することで工場運営から販売まで一貫した取り組みによるノウハウを蓄積しています。
直近においてはロシア・モスクワにおける大規模の植物工場システムに関するプレスリリースを発表し、他方、中国においては昨年から今年にかけて3件のシステム導入を完了しています。

工場の運営、栽培技術面に強みを持ち、市場の需要として高まる生産物の多様性への研究開発分野に力を入れ始めている一方、寒い国や暑い国、水の少ない地域など各国・地域の土地に適したシステムかつ省力化を進めていく設備開発分野、また海外におけるエンジニアリング分野においては一企業単独での貢献は難しく、これらの分野に実績と経験を持ち、まさに植物工場事業を新規事業領域として注力している千代田化工建設と組むことによって、お互いの特徴を活かし、市場需要に応えるべく、協力関係を結ぶこととなりました。

(写真:多賀城工場 :宮城県多賀城市 みやぎ復興パーク内 )

本ニュースリリースのPDFはこちら

-----------------------------------------------------本リリースに関する問い合わせ先-----

MIRAI株式会社
管理部
mail: mirai@miraigroup.jp

千代田化工建設株式会社
IR・広報・CSR部
mail: irpr@chiyodacorp.com


Large Contract in Russia_ロシアにて大型契約締結

PRESS RELEASE

MIRAI Co., Ltd. Signed a Set of Contracts to Provide a Large Scale Plant Factory System with Artificial Light and Factory Management Consulting in Moscow, Russia. The Company Accelerates Overseas Business Expansion Leveraging Its Know-how as a Large Scale Plant Factory Vegetables Producer.

2018年10月11日(木)ロシア・モスクワで開催されたロシア農業省主催「黄金の秋2018(ロシア農業展示会)」の中で、日本の農林水産省主催の「スマート農業に関する日露農業セミナー」枠においてMIRAI株式会社(President & CEO:椎名吉夫)は、ロシア・ATB社(CEO:SIMAKOVA MARINA)とのモスクワにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングを含む各種契約の締結を発表し、その場で調印式を行いました。

*日本文は英文の後に続きます

October 11th, 2018 (Thrs.) At the “Golden Autumn 2018 (Russian Agricultural Exhibition)” held in Moscow, Russia by the Russian Ministry of Agriculture, within the framework of Japan’s Ministry of Agriculture, Forestry, and Fisheries’ “Japan-Russia Agricultural Seminar Regarding Smart Agriculture,” Mirai Co., Ltd. (President & CEO : Yoshio Shiina) announced the signing of various contracts with Russia’s ATB Co. (CEO : SIMAKOVA MARINA), including the introduction of large-scale artificial light plant factory system and management consulting. A signing ceremony was held on the spot.

Photo (left : Russian Ministry of Agriculture Information Director, Ms. Irina Ganieva; center left : ATB Co.’s Ms. MARINA; center right : MIRAI Co., Ltd.’s Mr. Shiina; right : Minister of Agriculture, Forestry, and Fisheries, Mr. Matsushima) *Taken during the signing at the seminar

ATB Co. has been operating their first artificial light pant factory since spring of 2016, in far east Khabarovsk, Russia. They have used MIRAI Co., Ltd., Miyagi, Tagajo Factory’s system, using the factory management as a base, and introduced a system that produces about 10 thousand leaf lettuces daily. They once again requested MIRAI Co., Ltd. for their second factory project. MIRAI Co., Ltd. has agreed upon collaboration to, beside the systems, share their know-how concerning factory operations and sales, consider opening plant factory business in Russia, as the contracts were signed.

Russia is meeting the challenges of domestic procurement and the quality of leafy vegetables, not just in the far east, but in all regions. Taking the initiative to meet challenges, starting with solar-type gardening facility, they have been keenly interested in the artificial light plant factory business.

MIRAI Co., Ltd. is the “producer” of leafy vegetables domestically in Chiba (Kashiwanoha Factory), and Miyagi (Tagajo Factory), in Japan, accumulating factory operations know-how as they sell lettuces and herbs. Besides Russia, the introduction of MIRAI’s system and know-how has been realized in two cases in China, through their partner company, MIRAI Chino Co., and moreover is proactively expanding business in other countries and regions, exchanging memorandum and such things.

MIRAI Co., Ltd. will continue meeting global demands to cultivate vegetables in plant factory, as well as meeting the various demands to “purchase,” “use,” “eat” their produce.


2018年10月11日(木)ロシア・モスクワで開催されたロシア農業省主催「黄金の秋2018(ロシア農業展示会)」の中で、日本の農林水産省主催の「スマート農業に関する日露農業セミナー」枠においてMIRAI株式会社(President & CEO:椎名吉夫)は、ロシア・ATB社(CEO:SIMAKOVA MARINA)とのモスクワにおける大規模人工光型植物工場のシステム導入、および運営コンサルティングを含む各種契約の締結を発表し、その場で調印式を行いました。

写真(左:ロシア農業省情報局長Irina Ganieva氏、中央左:ATB社MARINA氏、中央右:MIRAI社 椎名、右:農林水産省松島審議官)*セミナー内における調印時に撮影

ATB社は既にロシア・極東ハバロフスクにおいて1棟目にあたる人工光型植物工場を2016年春より運営しています。MIRAI社の宮城・多賀城工場のシステム、工場運営をベースにしたリーフレタス日産1万株相当のシステムを導入。今回2棟目にあたるプロジェクトを再びMIRAI社に依頼。事業を行う上で、システムだけでなく、工場運営ノウハウや販売におけるノウハウの共有、ロシア国内における植物工場事業の展開を鑑み、MIRAI社とのタッグを組むことで合意し、今回の契約締結に至りました。

ロシアは極東に限らず全地域において葉物野菜の品質、国産調達に課題を抱えています。課題解決をするべく、積極的に太陽光型の施設園芸をはじめ、人工光型の植物工場事業にも関心が高まっています。

MIRAI社は日本国内で千葉(柏の葉工場)、宮城(多賀城工場)にて葉物野菜の「生産者」であり、生産物であるレタス類、ハーブ類を販売することで工場運営ノウハウを蓄積しています。日本国外においてはロシアの他、中国でもパートナー企業である未来智農社を通じて介して本年既に2件のMIRAI式システム・ノウハウの導入を実現済であり、他の国・地域においても覚書を交わすなど精力的に事業を展開しています。

MIRAI社はこれからも「植物工場」産の野菜を栽培し、広げたい、という声やそれら生産物を「買いたい」「使いたい」「食べたい」という声に対して、あらゆる形で関わってまいります。


Contact regarding this press release

MIRAI Co., Ltd.
Management Department
Mail : mirai@miraigroup.jp
Tel : 04-7192-6655 *Weekdays 9:00-17:00

HP :
Japanese http://miraigroup.jp/ English http://miraigroup.jp/en/

本リリースに関する問い合わせ先

MIRAI株式会社
管理部
メール:mirai@miraigroup.jp
電話 :04-7192-6655  *平日9:00-17:00

HP :
日本語版 http://miraigroup.jp/   英語版 http://miraigroup.jp/en/


採用情報を追加しました

MIRAIは、次世代型農業を共に作り上げていく仲間を募集しています。採用情報ページの募集要項に合致されましたら、奮ってご応募下さい。ご応募の方は履歴書、職務経歴書を下記管理部宛てに送付願います。

〒277-0881 千葉県柏市青田新田飛地221-1 MIRAI株式会社 管理部宛
または E-mail: saiyo@miraigroup.jp

採用情報ページ
http://miraigroup.jp/recruit/